放置されがちな稀発月経

放置されがちな稀発月経

正常な月経周期は25日から38日くらいで、ほとんど方がほぼ1ヶ月に一度のペースです。
これより多いのが頻発月経、少ないのが稀発月経といわれます。
無月経はもちろん、頻発月経の場合は、貧血なども起こしやすいため、受診する方が多いのですが、放置されがちなのが稀発月経です。
妊娠を望んでいない限り、月経期特有の不快感を味わう回数が少ないことをむしろ歓迎している方もいます。
稀発月経にも2ヶ月に一度など規則的なタイプと不規則なタイプがあり、なかには半年以上、無月経が続く方もいます。
原因は、過剰なダイエットなどを除くと、子宮や卵巣の機能が未熟であったり、ホルモンバランスの乱れによることがほとんどですが月経があっても無排卵ということもあります。
また、女性ホルモンが低下することで、更年期の女性と同じ症状が出てしまうことがあります。
婦人科は、特に未婚女性にとっては敷居が高く、敬遠されがちですが、いきなり内診することはありません。
妊娠を望む方はもちろん、月経周期に異常があれば、気軽に婦人科で受診しましょう。